スポンサーリンク

口座売買の実態

闇金業者などが口座を買い取って何をするのかというと、お金の受け渡しに使う。

そして、ある一定の期間が過ぎた口座は捨てて、また新たな口座を使う。

これで足取りがつかないようにするためだ。

闇金業者からの送金は一般人の個人名義の口座から送られ、返済する時も個人名義の口座に振込む。

闇金業者からしてみれば、口座は喉から手が出るほど欲しいものなのだ。

一般的に有名銀行でネットバンクが使えるものが対象となる。

相場は1口座4万円前後。

ただし、警察にバレたら罰金は最低30万円。

しかも、ほとんどの場合はバレてしまう。

銀行側は個人名義でのお金のやり取りが頻繁にあると確認のために名義者に連絡をし、明確な返答や証拠がない限りは口座を凍結してしまう。

それなら警察にバレないと思う人もいるかもしれないが、このパターンが1番最悪なのである。

銀行同士のネットワークで、怪しいから口座を凍結したという情報は共有される。

こうなると給料の振込などで使っている口座も凍結され、新しく口座を作ろうとしても銀行のネットワーク内で「ブラック認定」されるので、口座を作ることが不可能になってしまう。

銀行口座を持たないことが、どれだけ悲惨なことか分かるはず。

口座売買には、そのようなリスクもあるのだ。

闇金業者はとにかく足取りをつかせないために、買い取った口座を「受け子」と呼ばれる人に保有してもらう。

この受け子も借金まみれになった人が闇バイトとしてやるのだ。

僕の場合は、受け子がコンビニで僕が売った口座からお金を引き出す際に職務質問されて発覚。

口座売買は必ず警察にバレる。

警察はそこから、銀行に問い合わせ、芋づる式に売買された個人名義の口座を見つけることが出来る。

1人が口座売買をした人が発覚すれば、10人以上もそこから足取りを掴まれ発覚していくのだ。

銀行口座を売ることのメリットは一切ない。

その場しのぎにしかならず、必ずバレる。

そしてバレたら何十倍もの罰金を支払い、前科がつく。

場合によっては家族にバレて、会社にもバレる。

現在、コロナの影響でお金に困っている人は多いと思うが、口座売買は絶対にやってはいけない。

自ら危険な場所に足を踏み入れるだけなのだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました