スポンサーリンク

泥沼にハマった闇金

僕は闇金に手を出して人生のドン底を経験した。

闇金というと、高額なお金を借りると同時に高額な利息を請求されると思うかもしれないが、僕が手を出した闇金は「ソフト闇金」というものだ。

通常の闇金とは違い、初回は3万円までしか借りることはできない。

返済を繰り返していくと、10万円まで借りることができる。

業者によっては20万円、30万円まで対応してくれるところもあるが、返済実績がないと厳しいだろう。

3万円借りたとしても、実際に振り込まれるのは1.9万円ほど。

借りた時点で1.1万円も利息として取られるのだ。

僕の場合は、超がつくほどのブラック。

普通に考えれば、あり得ない利息だが、これに手を出すような人間は利息より現金が手に入るかどうかが重要なのだ。

1万円ぐらい、パチンコで稼げばなんとかなる。

そんな馬鹿みたいな思考なのである。

返済は2週間後。

元金を返すことができなければ、最低でも利息の1.1万円をまた払わなければならない。

それでも払えないのであれば、「ジャンプ」だ。

利息分をまた借りるのである。

利用を始めた当初は返済できていたが、完済を何度も続けていくうちに借りることのできる金額も増えるため、どんどん借金していく。

借りて何に使うかというとパチンコだ。

利息はパチンコで儲けて返せばいいという思考はなかなか抜けない。

1度ジャンプした。

なんとかしなければとパチンコに通う。

またジャンプ。

10万円借りたのに、いつのまにか20万円以上の元金になり、2週間毎に払う利息も5万円以上になってしまった。

泥沼にハマってしまった。

すでに元金分は返しているのに、元金はまったく減らない。

なんとかボーナスで全額返すも、お金が無くなり再度、ソフト闇金を利用する。

完全に負のスパイラルに陥っていた。

どうしようも無くなった時にソフト闇金から提案されたのが、「口座売買」だ。

これがさらに自分自身の首を絞める結果になってしまった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました