スポンサーリンク

パチンコ店が悪いという風潮は早計。1番の害悪はパチンコに行く客。

全国緊急事態宣言が出されてからパチンコ店に批判の矛先が向いてます。

パチンコは元々、世間のイメージが悪かったので、強行で開店する店に批判が向けられるのは致し方ないところだと思います。

しかし、パチンコ店の言い分も理解できます。

この先、いつまでも続くか分からない”自粛生活”に合わせていたら店そのものが潰れてしまいます。

そもそもの話、パチンコ店が開店してても客が行かなければ解決する話です。

数年前に東日本大震災の影響で電力不足になりました。

その際もパチンコ店は強行開店し、世間の批判を浴びました。しかし、実際には給付金を握りしめてパチンコに行く人は多数いました。

パチンコはギャンブル。

これは紛れもない事実です。

お金をかけるという行為事態がギャンブルにあたります。

一般人がトランプや麻雀でお金をかけると犯罪になってしまいます。

それと同じだが、パチンコは政府や警察との癒着が横行し、グレーゾーンとして今まで存続してきました。

おそらく、大きなチェーン店以外は、連休明けに続々と開店していくでしょう。

開店することに法的な規制もなく、元々がパチンコ業界は衰退している現状。

最後に儲けて店を畳むという考えが出るのは容易に想像できます。

僕はパチンコに行く客に問題があると思っています。

店はいくらでも言い訳できます。

スーパーやコンビニ、飲食店などは「生きる為に必要なもの」と認識されるので許されます。

パチンコ店が槍玉にあげられてますが、実は大手インターネットカフェチェーン店の「快活クラブ」は数日休業したあと、今は通常通り営業してます。

ビデオ試写室と呼ばれるところもそうです。

パチンコ以上に「3蜜」にあたる施設。

パチンコ店を隠蓑にして、平然と営業している様はなんとも滑稽なものです。

ネット上ではパチンコ店のみに批判をしている方々が多くいますが、もっと公平に批判することも大切です。

こんな現状ならパチンコ店のみに文句を言ってもパチンコ店は納得出来ないでしょう。

僕はパチンコ店に行く客こそが1番の害悪だと思ってます。

この状況でパチンコに行くのは、確実に依存症です。

パチンコ依存症の気持ちは分かります。

他県に行ってまでもパチンコをしたい。

パチンコをしたいという欲求は自制しようとも依存症には無理に等しいです。

我慢すればするほど、パチンコをしたいという欲求にかられます。そこには、お金を儲けるとかではなく、ただただパチンコをしたいという欲求。

しかし、スマホなどのゲームでは物足りません。

パチンコをしたいという欲求でパチンコ店に向かい、いざ着席すると次にでる欲求は”負けたくない” “儲けたい”という欲求。

すでに脳にそれは刷り込まれています。

だからスマホのゲームやゲームセンターでパチンコをやっても面白くないというのは、本能的に分かりきっています。

パチンコをしたいという欲求とお金を儲けたいという欲求はセットなのです。

ゲームセンターやスマホのパチンコで遊んだらというアドバイスは無用かつ無意味なものなんです。

しかし、今のコロナが蔓延する状況を冷静に考えてみれば、いかにパチンコに行くことが害悪なのか分かるはずです。

僕はたくさんの部下を抱えています。

会社は社員が300人もいます。

もし僕がコロナを感染させたらどうしよう。

それこそが、自分がおとなしく自粛生活をしている1番の理由です。

今、パチンコに行っている人は自分勝手であり、他人を思いやる気持ちの無い人でしょう。

それは、仕事にも現れてくると思います。

パチンコ依存症でコロナの影響によって我慢してる人も存在するはずです。そんな方々は、依存症から抜け出せる「資質」を持っている人達です。

この状況でパチンコに行っている人は、パチンコに行くお金が一切無くなる=生活出来なくなるレベルまで落ちぶれないとパチンコを辞めることはないでしょう。

今回のことで分かったことは、法的な規制が無い限り、パチンコ業界は存続しつづけるということ。そして同時に依存者は無くならないということ。

僕は自分の部下で連休中にパチンコに行っていたという話を耳にしたら問答無用で帰宅させます。

コロナ感染の疑いがある者が社内に現れ、なんの説明もなく一時、会社がパニック状態になったという経緯もあるためです。

この状況を知っていながらパチンコに行くということは、今後も自分勝手な振る舞いをするのは明白。

そんな人材はいりません。

連休中にパチンコに行った人でこのブログを読んでいる人がいるなら今一度考えてみてください。

嘘ついてパチンコに行ったんじゃないですか?

1人暮らしの人は連休中にパチンコに行ったことを会社の同僚や上司に話せますか?

家族と暮らしている人は、パチンコに行ったことを話していますか?

嘘をついている時点で、後ろめたい気持ちがあった、本当はダメなことだと分かっていたということ。

この機会に自分自身の行動、そしてパチンコ依存症だということに向き合ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました