批判的なコメントは「批判」ではない。逃げない。向き合う。受け止める。

僕の理想は現実的にはあり得ないもの?

人に信頼される人間。

僕の理想は批判されます。

なぜかは分かっています。

行動が伴ってないから。

口で言うのは誰でも出来る簡単なこと。僕は口で言うだけ言って行動が伴ってない。だから批判されます。

言い返す言葉もないです。

ブログの中だけではなく、現実世界でも僕は理想を求めてます。

自分では、少しずつ信頼を得ていると思ってます。でも第三者から見たらどうか。

自分に対して否定的な意見はなかなか言えないし、分かっていても考えないようにしてしまう。

自分の中でどれだけ信頼されてると思っても周りの人間からは、ただのウザい人間だと思われてるかもしれない。

人間の本心を読み取ることが出来ればどれだけ楽か。

仕事にしろ恋愛にしろ。

でも、本心が分からないこそ人生って面白いもの。

全てが分かった前提の人生なんて面白くもないし、モチベーションも高まらない。

信頼を得るには、謙虚な姿勢でいること。調子に乗ってはいけないし、だからと言って黙ってるままでもいけない。

信頼を得ることは、結局のところ難しいもの。

ブログで批判されるのも、現実的に難しいからなのだろう。

僕は昔の自分から卒業したいという願望がある。

お金の事で親や兄弟、同僚にまで迷惑をかけた。

ダメな自分を知っている。

だからこそ、そんな自分から卒業して新しい自分になりたい。

変わりたい。

これだけは譲れない。

僕の理想である、信頼される人間になること。

現実的に無理でも、少しでも近付きたい。

でも今の僕はどうか。

ブログの記事は批判を浴びることが多くても擁護してくれる人もいない。

これが現実。

僕は誰からも信頼されていない。

ブログを始めて半年が過ぎようとしている。現状の僕は口だけの偽善者。

でも・・・

そう簡単に自分を変えることが出来るのなら、今頃ブログなんてしていない。

今でも批判的なコメントがあれば、見た時はイライラしてしまう。

冷静になってから見ると批判的なコメントは的を得ている。

そもそも、コメントを「批判的」と捉えている時点で僕はまだまだの人間なんだろう。

僕にコメントをくれる方は、僕のどこがダメなのか、僕のどこを改善したらいいのか根拠や理由をきちんと言ってくれる。

それを「批判的」と捉えてイライラしてるようじゃダメ。

そのようなコメントは僕が成長するために必要不可欠な大事なもの。

いつもなら、記事の締めくくりに「まだまだ未熟な僕ですが、今後改善するよう努力しますのでよろしくお願いします」とでも書くのでしょうが、それもただ現実から目を背けているだけ。

改善するように努力ではなく、改善する!自分を変える!すぐに実行する!後回しにしない!こんな気持ちでいないといつまでたっても変わらない。

読者の方々には僕に対して不快な思いをしながら記事を見てくれる方も大勢いるはず。

変わる。

僕は変わる。

前回の記事でコメントをくれた方。僕はしっかりと受け止めました。貴重なアドバイスありがとうございます。

ブログの更新通知の他、ブログ運用やブロックエコトークンについても個別に対応させていただきます!是非とも友達登録お願いします!
友だち追加




日常



30代で人生詰んだ男

コメント

  1. もりなが より:

    普通の生活をして来た人が昨日みたいな記事書いても、何もコメントしないよ
    オレ。やっぱりそこは、ひょっとこの過去を知ってるから、不快に感じた部分
    がある。十字架背負って生きてる事を
    忘れないで欲しい。
    でも、ひょっとこには彼女さんと幸せになって欲しいと勝手に思ってるオレは。近い将来、ひょっとこは多額の利益を得る可能性があると思うよ。
    絶対変わると誓うんなら、儲かったから
    パチンコ行ったとか。そんな行動取らないで欲しい。行ったらボロクソ批判するからオレは。おせっかいだろうけど。

    めでたく支えてくれた彼女とゴールイン
    しました!なんて記事を楽しみに待ってるよオレは。おせっかいだろうけど。

  2. さいあみー より:

    また詐欺の片棒担ぎ、社会のゴミ、禁治産者がなんか言ってるw

  3. もりなが より:

    オレがどこに不快感を感じたのか、具体的にいうと、たけしや、ひょっとこ紹介コードでブロックエコに参加してくれた皆さん感謝感激ありがとうございます。
    そりゃあそうだよ。ごもっとも。良かったねひょっとこ。じゃあ過去に迷惑かけた人達は??自分に直接利益を与えてくれた人達は財産です。当たり前。じゃあ
    支払いを滞納した挙句に踏み倒した人達には??何なのこの差は?たいして悪い
    と思ってないんだよ。だから同じ失敗を
    繰り返したんだよひょっとこは。それで信頼される人間になりたい??はぁ?単純に金借りれるとこが無いからパチンコ屋に行けないだけ。変わってない何も
    だから、業者も生身の人間と話しを書いた。儲かったらどうするか?もう一度
    考えて欲しい。本当の財産は、家族や
    恋人なんじゃないかな?オレはそう思う

    • ひょっとこ斎 より:

      もりながさんコメントありがとうございます。
      指摘されていることは、ごもっともです。
      僕は理想を追い求めるのにしか考えが及ばず、過去のことを考えないようにしてました。
      いつまでも、過去のことを引きずるのも良くないですが、迷惑をかけたという事実は心に刻んでおかないといけません。
      だからと言って、迷惑をかけた人々全員に補償はできません。
      でも、「迷惑をかけた」ということを忘れずにこれから先の人生を歩んでいかなければなりせん。
      ご指摘ありがとうございます。
      自分の未熟さや自分勝手な考えを改めます。
      ここで、指摘されたからといって後ろ向きにならず、前を向いて一つ一つ直します。
      ありがとうございます。

  4. もう一度よくお考え下さい より:

    私は基本的にあなたの事を応援してますが…

    それでも良く分からない事もあるのです
    以前に「投資詐欺注意勧告ツイッター民もさじを投げたブロックエコトークン 」という記事で「りりあん」という人のTwitter記事に触れていて
    その人がブロックエコに対する批判記事を削除したと書かれていたじゃないですか?
    この人のTwitterはそれ以前にあなたが紹介していたのでブロックエコトークンに興味がある私は
    それ以前の記事も当然全部読んでたんですよ

    でもこの記事直後に「りりあん」という人のTwitterを読み返したら別にブロックエコ関係の記事は削除されていなかったので
    「これは一体どういう事なのか?」と凄く不思議に思ったのです?

    9/1に

    『「通りすがり より:
    2019年9月1日 7:32 PM

    りりあん、ブロエコのツイート削除してないよ?』

    と、その後で私と同じような疑問を持った人が質問したのに
    あなたはこの人に何も回答しようとしないのは何故なのですか?

    それをしないと「批判的なコメントは「批判」ではない。逃げない。向き合う。受け止める。 」
    なんていうあなたの発言はまさに偽善以外の何物でもない無責任発言になってしまいますよ

    この質問に答えて
    「この部分が削除されている」と具体的に指摘していただければ私のあなたとブロックエコに対する
    信頼性は上がりますし是非そうしていただきたいです
    さすがにそれをしないとあなたの発言は信頼性を失ってしまいます

    『しかも、あれだけ毎日のように詐欺だ詐欺だとツイートしていたのにも関わらず、何事も無かったかのように他の案件に矛先を変えています。
    ある意味、凄いメンタルだなぁと思いました。』

    とまで書いて「りりあん」という人の人間性を侮辱する発言をしているのですから

    さすがにこの内容にはきちんと応えてもらわないと違和感が凄いです
    このブログをずっと応援している読者としては是非この件に対する回答をいただいて
    あなたの人間としての誠実さを証明していただきたいです

    • ひょっとこ斎 より:

      コメントありがとうございます。
      この件に関して、上記の指摘するコメントの後に再度ツイッターを読み返してみたのですが、やはり消されていると思っていました。
      なので、これ以上無駄な論争はしたくない、消されてるんだから消されていると判断してスルーしてました。
      今回、あなた様から再度、このようなコメントを頂いていたので調べてみたら、ツイッターは他のツイートに対してもコメントを残せることを知りました。
      僕が消されたと思っていたのは、ブロックエコについてツイートしている人にコメントを残しているもので、それをりりあん氏のアカウントからは確認できないことを知りました。
      僕の勘違いでした。
      勘違いで記事を書いてしまい申し訳ございません。
      今後はこのようなことがないよう、よく調べてから記事をアップするようにします。
      特に今回はお金が絡む事案なのできちんとしなければなりませんでした。
      該当の記事は削除いたします。
      この度は僕の勘違いから不快な思いをさせてしまい申し訳ございません。