【誹謗中傷】スマイリーキクチ中傷被害事件から考える匿名での投稿【ネット】

先日、コメントでこのような書き込みをした方がいました。

ブロックエコトークンを詐欺だとか、ねずみ講だとか言うのは仕方ないと今では思っています。運営側にこのような風評被害を行う人物に対する対応をどうすればいいか問い合わせたところ、特に動くということは無かったので。

問題はそのあとですね。

いっそ死刑になればいいのにね☆

個人のブログにそのような事を書き込むこの人の思考が僕には理解出来ません。

いったいどのような人生を歩んできたら、平気でこんなこと言えるようになるのか。

ネットでの誹謗中傷については、以前から調べていたのですが、ある事件にたどり着きました。

スマイリーキクチ中傷被害事件

皆さんはスマイリーキクチという芸人をご存知ですか?

スマイリーキクチさん

彼はネット上で殺人犯というデマを流された結果、多方面から叩かれるという大変な人生を過ごしてきました。

スマイリーキクチ中傷被害事件概要

まずはスマイリーキクチ事件について、説明します。

・事件の発端

1999年春ごろにネット上の掲示板でスマイリーキクチさんが1989年に起こった女子高生コンクリート詰め殺人事件の主犯格の1人だという書き込みがされました。

女子高生コンクリート詰め殺人事件は1988年11月から1989年1月の間に発生した監禁・強姦・暴行・殺人・死体遺棄事件の通称である。

加害者である少年4人が当時17歳の女子高生を監禁などし、殺害後にコンクリートに詰めて遺棄した。犯行当時は未成年だっため、少年法に守られた加害者達には物議かもした。

スマイリーキクチさんの出身地や経歴などからネット上で叩かれるようになり、さらには2005年に北芝健著書「治安崩壊」での一文が火に油を注ぐ結果になりました。

少年グループの一人は刑期を終えた後、2004年7月、再び、恐喝事件を起こして逮捕された。 もちろん社会に出てきたのはこの一人だけではない。一足早く出てきた別の男は、お笑い系のコンビを組んで芸能界でデビューしたという。

引用:「治安崩壊」

・警察から相手にされない

スマイリーキクチさんは誹謗中傷の書き込みがあった1999年は、そのうち騒動は治るだろうと思っていましたが、過熱するばかり。

仕事やプライベートにも影響が出てきたことから、2000年6月に警察に相談することにしました。

しかし、当時は警察も本気で取り合ってはくれません。

それでも過熱する誹謗中傷。所属事務所から潔白だという発信をすれば「証拠を出せ!」「火のないところに煙はたたない!」などと炎上するばかりでした。

そして、上記で述べた北芝健著書「治安崩壊」でさらにヒートアップする結果に。

2008年4月、スマイリーキクチさんは再び警察に相談するも・・・

本気で殺人事件の犯人と信じている人はいない。

削除依頼をして様子を見ましょう。

様子を見ればネット誹謗中傷は落ち着く。

芸能人だから有名税みたいなもの。

中傷コメントは遊びだと思う。

殺されそうになったとか、誰かが殺されたとかがないなら刑事事件にできない。

殺されたら捜査しますよ。

相手にしてくれません。

2000年8月、ネット犯罪に詳しい男性刑事を紹介されたスマイリーキクチさんは事の顛末を詳しく相談しました。

この男性刑事は真撃な対応で、殺人事件の資料を集めてスマイリーキクチさんが殺人事件に関与は一切していないということを証明してくれました。

この男性刑事のアドバイスから北芝健氏に対しても訴訟を起こしました。

・誹謗中傷をした者を一斉検挙

スマイリーキクチさんは誹謗中傷を行う者に対して刑事告訴を警告し、それでも誹謗中傷の投稿を辞めなかった1人の身元を特定して検挙。

警告をしたのにも関わらず、それでも事態が収束しないことから、警察はついに一斉検挙に乗り出すことになりました。

2008年9月から2009年1月までにスマイリーキクチさんに誹謗中傷の投稿をした1000人以上の身元を特定、その中で特に悪質だと判断した19名を検挙しました。

身勝手な言い訳の投稿者たち

北芝健氏と検挙された19人の言い訳は、情け無いものばかりでした。

北芝健氏の言い訳

自分もインターネットの匿名書き込みをした者達から悪口を書かれて多大なる迷惑、残酷で卑劣な匿名書き込み、そこから発生した被害など同じ目に5年以上あっており、同情もすれば同じ憤りを共有する

パソコンをやらないし、匿名書き込みの低劣さ、卑怯さ、品格の無さ、愚昧さ、が怒りを覚えるほどに嫌い。

北芝氏は反省どころか、「自分もこんな目にあってるんだ」と自らがやった行為を訂正することもありませんてました。

「一足早く出てきた別の男は、お笑い系のコンビを組んで芸能界でデビューしたという。」

北芝氏の著書「治安崩壊」にあったこの記述は、どこからの情報源なのかという具体的な説明は一切ありませんでした。

普通に考えれば、ネット上の書き込みを本に書いたとしか思えません。匿名の書き込みが嫌いと言いながら、その書き込みを本にする。上記の北芝氏の言い訳はこのことからも低俗かつ身勝手なもだとしか思えません。

検挙した19名の言い訳

北芝氏以上に情け無い言い訳をしていたのが、この19名。

検挙された19名は最年少が17歳、最年長は47歳で、大手企業に勤めている者やプログラマー、会社セキュリティ部門の責任者もいた他、妊娠している女性もいました。

ネットに騙された!

本に騙された!

仕事、人間関係など私生活で辛いことがありムシャクシャしていた。

離婚して辛かった。キクチはただ中傷されただけで、自分のほうが辛い。

他の人は何度もやっているのに、なぜ一度しかやっていない自分が捕まるのか。

中には「言論の自由」を訴えた者もいました。警察から「表現の自由なら自分の名前を書かれてもいいのか」の問いに対して・・・

キクチは芸能人だから書かれてもよいが、自分は一般人で将来もあるから嫌だ。

検挙された19名のほとんどが責任を他人になすりつけようとする者ばかり。この中の8名は北芝氏の本を根拠にスマイリーキクチさんが殺人犯だと言っていました。

匿名で誹謗中傷する人は責任感の無い、身勝手な人物。

ここまで読んで分かる通り、匿名で誹謗中傷する人は、いざ自分の方に火の粉が飛んでくると自己保身に走る身勝手な人物。

自分の発言に責任を持てないのに、あることないことを発言する。

匿名だから大丈夫。

みんなやってるから大丈夫。

そんな安易な考えで誹謗中傷する。

彼らは自分が攻撃されたらどうなるかということを考えず、他人を陥れることしか考えない卑しい人達。

僕も過去に散々、誹謗中傷を受けました。自分が運用するブログで僕の悪口を記事にする。

僕は彼らに自分の発言に責任を持てと発信しても、彼らのとる行動は言うだけ言って、後は知らないフリをする。

今でも僕の悪口を書いた記事はそのまま。

おそらく、彼らも検挙されるということになれば、19人と同じような言い訳をするでしょう。

50歳になろうかという人まで、一回り以上も年下の人間に対して誹謗中傷する。これが俗に言う「老害」の一種かもしれません。

匿名での発言。

どんな投稿であろうと、自分の発言に責任を持ってもらいたいものです。

ブログの更新通知の他、ブログ運用やブロックエコトークンについても個別に対応させていただきます!是非とも友達登録お願いします!
友だち追加




日常



30代で人生詰んだ男

コメント

  1. もひゅ より:

    スマイリーキクチさんもそうですが最近は堀ちえみさんのブログに「死ね」「消えろ」等の書きこみをしたとして50代の主婦が脅迫容疑で書類送検されたのが話題になりました。
    件の主婦は「『死ね』で脅迫になるとは思わなかった」「私より酷い書きこみをした人はいっぱいいる」と全く反省の色なしという感じで取材を受けていました。
    警察はIPアドレスを元に迅速に脅迫した主婦を特定したということで、コメンテーター達は「今回の主婦を脅迫容疑という形で書類送検したことはとても大きな意味がある、ネットだから匿名だから多目に見るのではなく、これからは匿名だからこそ厳しく取り締まるという警察の強い意思を感じる」というようなことを述べていました。
    これはブログ主が脅迫や恐喝と受け取ったコメント返信者に関して警察に通報すれば十分捕まる可能性を示唆しています。
    私もヒートアップして荒れたコメントをするきらいがあるので十分気をつけていきたいと思いました。

    • ひょっとこ斎 より:

      もひゅさんコメントありがとうございます。
      誹謗中傷コメントをする人はやはり責任逃れする人が多いですね。
      掲示板やブログで、汚い言葉を使う人は人間性に問題がある人なんでしょう。
      借金カテゴリで僕の悪口を言ってくる人達は、自分自身を見つめてもらいたいものです。
      もひゅさんも発言には気をつけてくださいね!