給料が1日で無くなる。

兄から激怒された。

10万円すぐ返さないなら、親に連絡する、勤めてる会社にも連絡する。

それと闇金への返済。

朝から憂鬱でした。

普通の人は給料日はウキウキするものです。

でも僕は違います。

給料が入っても全て無くなるのは確定しているからです。

その先のことを考えるともう嫌です。

不安とかそんなのを通り越して絶望しかありません。

その絶望も見て見ぬふり。

通常、こういう事態になったら金策に奔走するものですが、僕は何もしませんでした。

しなかったというより、もう何も解決策がない。

「この先どうなるんだろう。」

漠然とそう考えるだけでした。

他人事のように。

朝の10時ごろ、会社の管理部から僕宛に電話がありました。

「給料を振り込めないです。」

あー。

楽天銀行は凍結されたんだ。

何にも連絡無しで止められるんですね。

まぁ、止められるというのは覚悟していたので、別のキャッシュカードを用意はしてましたが。

管理部に新しい口座番号を教えました。

数十分後には給料が振り込まれていました。

僕はトイレにこもり、まずは兄に10万円を振り込みました。

振り込んだとかはもう一切、連絡してません。

今さら、ごめんとか言っても無理だから。

おそらくこれで縁を切られるんだろう。

昼休みに闇金に7.5万円を振り込みました。

口座に残ったのは1252円。

これが僕の今月の給料です。

7万円もある消費者金融の返済に家賃や光熱費。

払うのは無理です。

でも何もしない。

ただ時が流れるだけ。

ここまでくるとお金のことを考えるのが嫌になってきます。

ほぼ人生を投げ出しました。

そういえば、たまたま見かけたブログに最近、自己破産者を簡単に特定できるサイトがあったというのを見つけました。

今はもう閉鎖されているらしいです。

今までは政府が発行する「官報」というものに自己破産者の名前と住所が記載されていましたが、特定するのは困難です。

しかし、そのサイトというのは簡単に特定できるらしいです。

僕も誰かにバレたのかな?

自業自得。

まさにこの言葉に尽きる。

以前も書きましたが、自己破産者に対する制裁ってかなり甘いです。

批判などがあり、そのサイトは閉鎖されたようですが、このぐらいの制裁があっても文句は言えません。

それほど僕はクズな人生を過ごしてきたので。

このブログをタバコを吸いながら書いてます。

釣り道具を売って得たお金で買ったタバコ。

13000円もたった5日間で300円だけになってました。

何に使ったんだろう。

借金癖のある典型的なクズ。

借りたお金を返さずに自身の嗜好品のためにお金を使う。

今日、会社から帰ったら小さい子供と若いお母さんとエレベーターで鉢合わせました。

親子は5階。

僕は4階。

僕はこんなクズと同じ狭い空間にいるのは嫌だろうと思って先に行ってくださいと伝えましたが、お母さんは大丈夫ですよと言ってくれました。

子供が5階のボタンを押したあと、僕が4階のボタンを押しました。

子供は満面の笑みで、

「5階と4階になったぁ〜」

と僕の方を見て言いました。

それを見て僕は自分の惨めさと情けなさに涙が出てきました。

もし僕が借金をせずに普通にくらしてたら、このぐらいの歳の子供がいてもおかしくないです。

何も知らない子供は満面の笑みで僕を見てくる。

僕ってやっぱり、この世にいてはダメだろう。

消えた方がいいだろう。

4本目のタバコに火をつけました。

ブログの更新通知の他、ブログ運用やブロックエコトークンについても個別に対応させていただきます!是非とも友達登録お願いします!
友だち追加




日常



30代で人生詰んだ男

コメント